Education

高校出張授業とは

NPO法人アイセック・ジャパンが提供する高校出張授業では、商品開発や広報マネジメントなどのビジネススキル、キャリアフロー、社会課題に知識をもち普段から実践している弊団体に所属する大学生が、高校へ”出張”し、高校生とともに授業・ワークショップを行います。

知識・経験豊富で、身近な存在である大学生との交流を通じ、なんのために勉強をするのか、人生をどう生きるのか、世界で何が起こっているのか、どうすれば変わるのかを知っていただき、視野が狭くなりがちな高校生に、納得感を持って自分の生き方を ”選択”する手助けをさせていただきます。

授業時間について
授業時間は、1コマを貴校の1時限分とさせていただきます。授業時間のご相談などはお問い合わせフォームにその旨をご記載ください。

授業形態について
出張授業は、生徒様の活発な議論を促せられるよう参加型のグループ形式をとっています。各グループ最大5名で、ファシリテーターとして弊委員会のメンバーがサポートいたします。

以下の2つのプログラムからお選び頂けます。

”自分”をコンセプトにした授業で、高校生が自分の過去や価値観に向き合うことで将来やりたいことを探す授業です。この授業を通して高校生が自分の生き方やキャリアについて考え、より明確な意思をもって進路選択することを目指します。

”社会課題”をコンセプトにした授業で、ワークショップによって楽しく学び、理解する授業です。社会の課題を理解することによって興味の範囲が広がる、海外研修や課外活動での学びに新たな視点を与えます。

過去の実績

星城高校
2018年6月16日(土)

星城高校にてキャリアフロー型と社会課題型の混合の授業を実施。 将来は故郷沖縄の問題を解決したいという志をもった弊委員会メンバーが登壇いたしました。

愛知高校
2018年6月23日(土)

愛知高校にてキャリアフロー型の授業を実施。

至学館高校
2018年6月30日(土)

至学館高校にてキャリアフロー型の授業を実施。

滝高校
2018年7月7日(土)

滝高校にてキャリアフロー型の授業を実施。 “名古屋わかもの会議”で活躍されており、現役の大学生でもある仲井達也様がご登壇いたしました。

滝高校
2018年8月25日(土)

滝高校にて二度目のキャリアフロー型の授業を実施。 少人数で弊委員会メンバーと1対1で対話をすることで共に生徒様の人生やその悩みについて深掘りました

至学館高校
2018年12月15日(土)

至学館高校にて二度目のキャリアフロー型と社会課題型の混合型授業を実施。 世界の課題、日本の課題に目を向け知った上で、自分はどう生きるのかを考えました。

授業実施までの流れ

面会による打ち合わせ

学校へ直接メンバーが伺わせていただきます。その場でご要望を聞きつつ、開催日時や授業プログラムの詳細を決定いたします。プログラムの内容は最初から全て決まっているわけではなく、現在の状況にあったプログラムを構成させていただきます。

授業実施

弊団体のメンバーが学校へ伺い、事前に打ち合わせしていたプログラムで、授業を実施させていただきます。

授業終了後

授業終了後、高校生の皆様には満足度や、授業を通して考えたことなどをアンケートにて回収させていただき今後の運営に活用させていただきます。またその結果は後日整理し、先生方にお渡しいたします。

運営メンバー紹介

caret-down caret-up caret-left caret-right
江野大樹 2019年度局長
私は社会に目を向けて自分の将来について考えることは高校生活やその後の人生をより充実させると考えております。そのように高校生が考えるきっかけを提供し、より明確な意思を持って進路選択をすることができるような授業を行えるよう邁進していきます。

青木振一郎 2018年度局長
大学生という機会を最大限活用し、他者貢献というものの価値に気づき、他者と共生することで自己実現に向かう、そんなリーダーへの一歩目を届けることを切に求め、私たちは日々活動しております。 そんな価値ある授業を皆さまに届けられるよう頑張ります。

倉知新 局員
大学生になって感じた「自分から求めていかないと何も得られない」という環境の変化。 またその変化にどうやって適応するかを、授業を通して考えてもらいたい。そんなメッセージを、高校生から身近な「大学生」という立場で伝えていきたいと思います。

朝井美和 局員
自分が高校生だった頃に、将来を真剣に考えるような授業があったら。そんな授業を形にしたいという思いで、出張授業に励んでいます。 高校生と一緒に考えている中で自分のことについても気づかされ、毎回新鮮な気持ちで授業を終えます。来年度はより高校生が未来を広げられるような授業をしていきたいです。

出野雄大 局員
高校生に対して授業を行う中で彼らの話を聞く場面があり、自分を見つめ直すきっかけとなっています。このような機会に感謝しております。 来年度はより多くの高校生に授業を提供し、彼ら1人1人が真剣に自分自身のことを考えるきっかけを届けられるよう頑張ります。

よくあるお問い合わせ

Q. 費用はどのくらいかかるのですか?

A. 現在は弊団体から派遣するメンバーの、お打ち合わせと授業実施の際の交通費、授業実施までの資料の印刷代などの物品代をいただいております。名古屋市内に高校がございましたら、1回の授業につきおよそ6,000~12,000円でございます

Q. 何コマのコースがあるのですか?

A. 1~3コマのコースがございます。ただし、生徒様に余裕を持って考えていただくためには、2あるいは3コマのコースを推奨しております。

Q. いつまでに問い合わせれば授業が可能になるのですか?

A. ご希望の授業実施日の5週間前までにお問い合わせください。詳しくは別途お問い合わせフォームよりご連絡ください。

Q. 生徒の個人情報は大丈夫なのですか?

A. 当日は生徒様全員をあだ名で呼ぶなどの工夫や、広報に関しては生徒様の顔が特定されないようなお写真をお選びするとともに、その都度貴校に確認を申し上げます。

Q. 勉強の方法を教えてもらえる時間はありますか?

A. ご要望があれば授業の最後の座談会のお時間や、授業の合間の休憩時間にて設けることが可能です。

Q. 授業内容のより詳しい流れ等は事前に教えてもらえるのですか?

A. 授業実施の2週間前に詳しい授業内容、弊委員会メンバーの動き、お約束事項をお渡しします。